足場で使用する腕木(うでぎ)とは?用途は?足場の部材の一つ

足場の意味

足場で使用するものはたくさんありますが、なかでも「腕木(うでぎ)」という名前を
一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
足場の工事にとっての腕木とはどのようなものなのか、用途や種類
使い方についても解説していきたいと思います。

足場の腕木とは

足場に使用する専門用語は多く、現場によっても言い方に違いがあるのでわかりにくいと
感じている人もいるのではないでしょうか。
足場の部材の一つでもある腕木は、支柱である二本の建地のことをいいます。ジ
ョイントやクランプによって繋がり、内側と外側にあるとても需要な部位です。
作業床を設置するためにも必要なものになり、二本の建地をしっかりと支えています。
足場によっても腕木の有無には違いがあります。例えば、もともと丸太を使っていた足場が
単管足場用導管を用いて組み立てるようになったものを「単管足場」といいます。
現在はよく使われているものになり、住宅のリフォームなどの改修工事でよく見かける足場になります。
単管足場は建築法によって、こまたか取り決めが存在し、誰でも作れるものではありません。
布や建地を使用するために、腕木は必要なものになりますし、足場板や多筋かい、クランプ
単管用のジョイントなどの部材を使って構成します。
逆にいえばこれらの部品がないと、足場として完成することはありません。
ブラケット足場は、本足場などが作れない狭い場所で足場を作るときに使います。
主に軽作業などを行うための足場としても有名です。低層階の工事などでも使われる
よく見かけるものかもしれません。
このプラケット足場についても、建地や布、足場板などを使っているため、腕木が必要になります。
他にも胆管ジョイントや緊結金具、固定型ベース、プラケットなどの部材を使っています。
足場によって腕木が必要なのはわかっていただけましたか。
法律によって定められている場合もありますし、作業の安全性を確保することにもつながる
重要な役割を担っている部品になります。
足場はそれだけ高い場所での作業が必要になるため、安全性を重視することがとても大切なのです。

足場の墜落防止対策によって腕木が変わった?

足場のうでぎ

足場の転落・墜落事故はあとを絶ちません。どんなに慎重な作業をしていても
何かがきっかけとなり、ケガにつながることも十分に考えられます。
足場からの事故が多いことで、より厳重な取り決めが行われるようになりました。
足場の作業床に関する経過措置として、はり間方向における建地の内法幅が 64cm 未満の足場の作業床や
床材・腕木との緊結部が特定の位置に固定している場合などが対象になります。
到来であれば、床材と建地の隙間を12cm未満にすることなどの条件がありますが
適用しないとしています。もちろん管足場用の部材が用いられている場合などの取り決めも存在します。
足場に関しての法律は常に一定ではありません。
昔は大丈夫だったと作業してしまうと、いつまで経っても状況が改善されることのないままになってしまうのです。
腕木についてはこのような変化があることを、まずは認識すること、腕木を知ることで安全に利用できるようになります。

腕木の安全性は足場点検表を活用しよう

足場を建設するうえで、点検表のような確認できるものはとても重要です。
作業になってしまい、なんとなく行ってしまう人もいます。
慣れてきたときにこそ点検表を活用することで、今一度腕木の注意点などを把握することにもなります。
腕木についての注意点として、建枠の取り付け状況は計画通りに進んでいるのか
ジョイントやアームロックは適切か、正しくロックされているのかなどの確認も必要です。
固定するものなので、緩みが出ていないかなども含め、作業前に慎重に確認する必要があります。
前日は問題なかったなどの理由で進めてしまうのはおすすめしません。
もしかしたら…と考えることで、接続部などの緩みに早めに気付くこともできます。
ちょっとした点検ができていないばかりに、腕木のリスクを高めてしまうことも考えられるのです。
特に足場は部品同士が組み合わさってできているものになります。
そのため、一つでも正しい使い方ができていないと作業の安全性は保証できなくなってしまうのです。
点検表を使い、腕木の有無なども含め確認しておきましょう。

まとめ

足場の腕木については、本当に必要なものなの?と思っていた人もいるかもしれません。
実際に足場の構造設計を考えるうえで、腕木も必要になるのがわかっていただけたのではないでしょうか。
腕木には作業中の安全性を確保するための、しっかりと固定する役割があります。
足場工事は多少の雨でも風がふいていても行うこともあります。
だからこそ、しっかりとした作りで建設する必要があります。足場に使う腕木についても
最適なものを選べ得るように、足場の種類や大きさなども含めあっているものを選びましょう。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP